FC2ブログ

スピリット・オブ・セントルイスを作る2

0 Comments
かもめ
リンドバーグが大西洋横断の偉業は、何と言っても単独での成功でした。
緊張のため前夜は眠れず、33時間半の飛行は終始眠気との闘いだったと言います。飛行機自体は高翌単葉の単純な造りです。足回りが支柱が多く、特徴と言えます。そして前面に窓がない! 大きな燃料タンクを積むために窓は犠牲にして、側面の窓と前方用には潜望鏡が付いていたとのこと。穴蔵のような所を想像してしまうが、眠くなるのは無理もない気がする。孤独と睡魔と闘いながらこの中で正確な計算や判断を持続できたのはやはり凄いことだと思う。
それでは胴体から作ります。
spc01.jpg 1 spc02.jpg 2
胴体はコックピットを内側に貼り合わせます。窓の所にセロテープを貼ってみました。
写真2の機種先端には、シリンダーを付ける輪が付く。(写真4)
spc04.jpg 3 spc05.jpg 4
さらにプロペラの軸(楊子)を通すために円筒形のエンジン(のつもり)を作りま、先端に取り付けます。
慎重にまっすぐに付けます。尾翼を付けると飛行機らしくなります。
スポンサーサイト



かもめ
Posted byかもめ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply