FC2ブログ

カーチス P-40の作り方2

0 Comments
かもめ
13_011.jpg 13_012.jpg
この飛行機の特徴でもある大きな空気取り入れ口を作ります。ラジエーターとオイルクーラー用のようです。
内部を取り付けてから、絵柄が合うように胴体に着けます。
13_013.jpg 13_014.jpg
こんな感じです。ちょっとワイルドな感じになってきました。強そうな見た目も重要です。

13_015.jpg 13_016.jpg
主翼を作ります。主脚の入る穴を開けておきます。主脚のカバーも作ります。これも独特な構造で、この飛行機の特徴ですね。こういった突起物は作るのは面倒ですが、こうしたごてごてした感じが戦闘機らしくていいですな。
13_017.jpg 13_019.jpg
こんな感じになります。
言い忘れましたが、主脚が入る部分は力が加わる所なので、補強しておくとしっかりします。
右側の写真のように余った紙を丸めて、赤丸印しの内側に入れておくとしっかりします。

胴体に主翼を取り付けます。
13_024.jpg 13_025.jpg
まず左右の主翼を補強材を使って連結します。この写真は最終データではなく修正を加えてあります。
13_026.jpg 13_027.jpg
取り付け位置は写真を参考にして下さい。主翼には少し上反角がつきます。

13_028.jpg 13_029.jpg
次にフィレット(整形板)を着けます。胴体と翼をなめらかにつなげるもので、複雑な形状なのでモデリングでも苦労した所です。
写真のように折り曲げておいて、背面から上面にまわすように着けていきます。
13_036.jpg 13_038.jpg
上面の接着は(赤い線の所)位置が決まってからボンドを所着けた方が綺麗に仕上がるかもしれません。
はみ出たボンドはウエスで拭き取れば後はほとんど残りません。
最後の所は翼の縁と胴体に合わせます。初めから背着材を着けずに仮組をして確認すること!(自分への戒め)
スポンサーサイト



かもめ
Posted byかもめ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply