FC2ブログ

ソッピーズ キャメルの作り方(その2)

0 Comments
かもめ
上下翼を作ります。下の画像では上が下翼で下が上翼です。(この説明何か変ですね…、写真も後のことを考えて計画的に撮りましょう)
03-17.jpg 03-18.jpg
今回はこの説明を書きながらデータに修正を加えているので、画像は色々のバージョンが混ざっていてすみません。実際のものと少し違います。
まずは赤丸の所に翼間支柱の入る穴を開けておきます。翼はふくらみをもたせ作ります。そのために1/3のあたりに軽く筋をいれ、折るようすると丸みを付けやすいと思います。翼の前緑は竹ひごなどをあてながら、しごくように丸めていきます。右下の写真のように、翼端の1/3ぐらいに切り込みを入れると縁が曲げやすいです。
左上のが画像の翼端の内側に紙片を折ったものが挟んでありますが、入れなくても大丈夫です。ぺちゃんこにならないようにボンドはのりしろと、端だけに付けます。発砲スチール用ボンドが作りやすいです。
03-19-1.jpg 03-20-1.jpg
翼間支柱(長い方)と中央の支柱(短い方)を作ります。強度を持たせるために竹ひごを細く裂いたものを入れています。両端はのりしろを長めに取ってあります。穴に差し込んだとき、黒い部分まで入るように長さを調節してください。少し尖らせるように切っておくと入れやすいです。翼間支柱は少し前傾姿勢になります。支柱は直線に平行して並びます。
翼をつけた後は、前後左右上下いろいろな角度からみてゆがみがないように調整して下さい。発砲スチール用ボンドは乾きが少し遅いので油断しているとずれてきます。何度か確認した方がいいです。
03-221.jpg 03-251.jpg
脚支柱とタイヤを作ります。車軸は細くした竹ひごを通し両端が2〜3mm出るようにして主脚の穴から竹ひごだけが出るようにしてタイヤを接着します。

最後にプロペラを差し込みます。
03-261.jpg
プロペラとエンジンを同時に回転させるためには、エンジンの穴を大きめにして回転しやすくし、プロペラの画像のところで中央の小さな白いリング(紙を丸めて細く輪切りにしたもの)がありますが、これでプロペラとエンジンをボンドでつなげます。このとき楊子にボンドが付かないように注意します。少し重くなりますが回りました。(*^_^*)
03-33.jpg
03-34.jpg
03-35.jpg
紙粘土で作ったパイロットを乗せると気分が乗ってきます。( ^o^)<ンンンンンンンンンンンンンンンww

今回は二回で説明したので、随分大ざっぱでしたが、最後まで見て頂いてありがとうございました。
これを見て1人でも作って見たいと思う人がいたら嬉しいのですが。そんな人がいて、感想やら苦情など聞かせてもらえたらなお嬉しいのですが。
それではまた。次はカーチスP-40などを作ろうかと思います。
スポンサーサイト



かもめ
Posted byかもめ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply