FC2ブログ

グラマンF4Fワイルドキャットの作り方 その4

4 Comments
かもめ
水平尾翼を着けます。
補助材として楊子を差し込んでおきます。穴を開け忘れた場合、後からでも開けられます。慎重にカッターの先などで小さな穴を開け楊子を差し込み広げてゆきます。水平になるように固定します。主翼も同じ要領で補助材として楊子を差し込んでおきます。反対側も先端をとがらせておくと入れやすいです。
05-17.jpg 05-18.jpg

主翼を付けます。
05-26.jpg 05-27.jpg
つぶれないようにふくらみを持たせながら接着していきます。丸い鉛筆や筆のえなど丸い棒に巻くようにしていくとやりやすいです。主翼付け根には補助材を入れ、楊子の通る穴を開けておきます。どうしても隙間は空きますのでフィレット(整形板)として細長い部品を付けます。カーブする所は切り込みを細かく入れておきます。写真は取り付けた所。後から取り付けることもできます。

車輪と尾輪を作ります。
05-28.jpg 05-30.jpg
こんな感じになります。尾輪のキャスターには細い竹ひごを入れておくとしっかり固定できます。長さは仮止めしながら調整しておきます。青い細長い部品はタイヤがつぶれないように丸めて中に入れておきます。

翼面下の空気取り入れ口を付けます。こういう飛び出した付属物は、付けていて楽しい。写真には小さな紙片がありますが、ゴミではありません。円筒形の部分はのりしろが付いてないので、余った紙で後ろからまたがるように付けてください。
05-31.jpg 05-32.jpg
こんな風になります。後はプロペラですね。

 つづく
スポンサーサイト



かもめ
Posted byかもめ

Comments 4

There are no comments yet.
soone707  
フィレットについて

ゼロ戦の次に作るのは実戦で幾度となく対戦したであろう、このワイルドキャットかなと思っていました。そんな訳で作らせて頂きました。紙の曲げ曲線を生かした作りで非常に楽しませてもらいました。ありがとうございます。

ところで部品No.17-2のフィレットですが、展開図に印刷された切り込み範囲を示す矢印が違っている様に思います。上側に配置された方は黒ベタ塗りのある方に矢印が入っていますが、下側に配置された方と同様に黒ベタ塗りのない方ですよね?

自分が間違っていたらごめんなさい…。

2019/11/03 (Sun) 02:55 | EDIT | REPLY |   
かもめ  
ご指摘ありがとうございます

soone707さん コメントありがとうございます。

確認しました。ご指摘の通り片方間違っていました。(゜◇゜)ガーン
改めて見てみると左右前後の指示もないので分かりづらいですね。訂正しておきます。
IDの707は「サブマリン707」から頂いたのこと、私は作者の小澤さとるさんのファンでした。小澤さとるさんの描く飛行機や船は本当にかっこよくて大好きでした。
soone707さんは大きなものから小さなものまで幅広いジャンルでペーパーモデルを作っていますね。どれも素晴らしいです。そんな中に私の作品も載せて頂き感謝です。
間違いの指摘、改良点、お褒めの言葉など何でもコメント頂けると励みになりますのでこれからもよろしくお願いします。
よろしければ紹介ページにリンクを張らせて下さい。お願いしま〜す。

それではまた 工場長かもめ

2019/11/03 (Sun) 13:18 | EDIT | REPLY |   
soone707  
To かもめさん

リプライ、有難うございます。

「サブマリン707」については原作本編を読んだ事はなくても、メカのイラストは何度となく見ていました。後の「宇宙空母ブルーノア」が影響を受けている印象です。「青の6号」は名作として語られていますよね。子供の頃に作ったプラモデルに「ロボダッチ」ってのがありまして、実はこのキャラデザも小澤さとるさんなんですね。

リンクの方は了解しました。こちらのブログでもリンクさせて頂きます。今後ともよろしくお願いします。

2019/11/03 (Sun) 14:55 | EDIT | REPLY |   
かもめ  
ありがとうございます。

「青の6号」懐かしいですね。「サブマリン707」に出てくる黄色い小型潜水艇、たしか「ジュニア」だったと思いますがプラモデルで作ったことがあります。デザインが秀逸でした。

こちらこそよろしくお願いします。

2019/11/03 (Sun) 18:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply