FC2ブログ

プロペラファクトリー制作記

Categoryジブリの飛行機(Ghibli) 1/1

サボイア S.21の作り方5(補助フロート)

翼に付く補助のフロートを作ります。これも曲面が多く複雑なので随分作り直しましたが、きりがないので今回はこれで良しとしました。(20)は支柱で(21)がフロート本体です。上下に分かれている感じです。白い部品はその間に入る補強材で、強度とつぶれるのを防ぎます。 支柱は貼り合わせますが、厚みが付くように少し曲面を付け、竹ひごの細くしたものを入れておくと丈夫になります。  支柱は白い部分がのりしろで翼の穴に差...

  •  0
  •  0

サボイア S.21の作り方4(エンジン)

続いてエンジンを作ります。「雑想ノート」によればエンジンは600馬力にチューンアップした、イゾッタ・フラスキニ・アッソ水冷12気筒とあります。由緒正しいエンジンのような気がします。前面に大きなラジエーターが付いていて、シリンダーヘッドのカバー部分がエンジンから飛び出すように成型されていて、スマートだけどワイルド感があります。しかしこれを紙で作るとなると曲面も多くちょっと大変なので頑張りましょう。ラジエ...

  •  0
  •  0

サボイア S.21の作り方3(主翼)

(8)の主翼を作ります。(9)はつぶれないように中に入れる補助材です。スペースの関係で長くできなかったのですが、余った紙を中に巻いてもう少し厚みを付けた方が丈夫だと思います。のりしろは鋭角に折れるように筋を入れておきます。支柱が入る穴を開けておきます。緑色のマーキングの中にもフロートの支柱が入る穴を開けておきます。こちら側裏面になります。 胴体と比べると楽です。...

  •  0
  •  0

サボイア S.21の作り方2

曲線の多い艇体で特に船首部分は複雑です。船底はイタリア艇の特徴で、凹の曲面になっている所もあり苦労しました。(1)は胴体で前後の分割してあります。(2)はコックピット。(3)は垂直尾翼の補助材。(4)はコックピットの後ろの胴体上部に付く整形板。(5)は垂直尾翼を支える支柱で胴体後部に付きます。(18)は風防で、(27)は座席。(28)は座席の下の台です。座席はほとんど見えなくなりますので不要かもしれませんが一応つくっておき...

  •  0
  •  0

サボイア S.21の作り方

この飛行機は映画「紅の豚」の主人公ポルコ・ロッソの愛艇「ファルゴーレ号」です。先回のアップから大分時間が経ってしまいましたが、微調整に時間が掛かってしまいました。Webでもこの飛行機のペーパークラフトが色々出ています。その一つを作って見た時に「1枚の紙からこんな立体的な物ができるのか!」とペーパークラフトに目覚めてしまいました。私もそんな作品に負けない、自分なりの特色を出した物を作ってみようと頑張って...

  •  0
  •  0